Home

秋元康プロフィール

プロデューサー
秋元康
(あきもとやすし)
HKT48
1958年東京生まれ。

作詞家。高校時代から放送作家として頭角を現し、『ザ・ベストテン』など数々の番組構成を手がける。

83年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、中島美嘉『WILL』、EXILE『EXIT』ほか、数々のヒット曲を生む。

08年11月、ジェロ『海雪』で第41回日本作詩大賞受賞。

09年12月、第51回日本レコード大賞・特別賞をAKB48とともに受賞。

91年、松坂慶子・緒形拳主演『グッバイ・ママ』で映画監督デビュー。
企画・原作の映画に『着信アリ』シリーズなど。

05年4月、京都造形芸術大学教授就任。07年4月、同大学副学長就任。

TV番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』などの企画構成、新聞・雑誌の連載など、多岐にわたり活躍中。アイドルグループ "AKB48" "SKE48" "SDN48" "NMB48" の総合プロデューサーも務める。

著書に、小説『象の背中』(扶桑社)、『企画脳』(PHP文庫)ほか多数。
日本放送作家協会理事長。日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。