Home

『キスは待つしかないのでしょうか?』発売記念座談会

『キスは待つしかないのでしょうか?』発売記念
特別座談会!Part1

8月2日リリースのシングル『キスは待つしかないのでしょうか?』。HKT48にとって10枚目という節目のシングルにもなります。
そこで兒玉坂本松岡(は)の3人に、歴代シングルの魅力を語ってもらう特別座談会を実施!
ここでは、1枚目から9枚目までのシングルについて、曲の魅力や当時の思い出などをたっぷりと紹介します!

多くの人にHKT48を知ってもらった『メロンジュース』
まずは1stから3rdまでの3曲を振り返ってもらうことに。最初に兒玉がある本音を教えてくれました。
 兒玉 『スキ!スキ!スキップ!』は1stシングルなので、ダンスも初級編のような感じなのかなと思っていたんですけど、いきなり難しいステップで…。
 坂本 難しいですよね。
 兒玉 ミュージックビデオを撮影したとき、振り入れが前日で、本番もなかなかできなくて。苦戦した思い出しかないかも。
 坂本 一番はサビのステップ。ライブとかで歌ってても、毎回足が絡まりそうになるんですよ(笑)
 松岡 振りは本当に難しいですよね。覚えるのも大変でした。テンションが上がる曲で盛り上がれるので好きなんですけど、ダンスはやっぱり…。
 坂本 盛り上がれるといえば、2ndの『メロンジュース』ですよね。3期生がお披露目された2ヵ月前くらいの発売だったんですけど、学校で振りマネをしている人が多かったのを覚えています。珍しい歌詞なのに、キャッチーなので覚えやすかったと思います。
 松岡 HKT48といえば『メロンジュース』みたいなイメージありますよね。ライブで披露してもファンとの一体感がすごいですから。
 兒玉 HKT48が初めて紅白歌合戦に出場したときに歌った曲だからね。この曲をきっかけにHKT48を知ってもらえた印象があるので、思い入れは強いかもしれない。
 松岡 でも、なんでメロンジュースなんですかね?“あなたにあげたいメロンジュース”ってなんだろうって、たまに思うんですけど。
 坂本 あんまり飲んだことないしね、メロンジュース。
 兒玉 まあ、インパクトはあるからね(笑)
 松岡 珍しい曲名で言えば3rdの『桜、みんなで食べた』も不思議ですよね。
 坂本 さっしーさんが、ライブで曲名を発表したとき、笑いが起きたの覚えてます。みんなもビックリしてて。
 兒玉 よく覚えてるね。私はマネしやすくてかわいい振り付けが好き。覚えやすくて、心の中で『よっしゃー!』って(笑)
 松岡 この曲を発売した年に、桜を見る会に行ったんですよね。
 坂本 なかなかない経験ですよね。
 兒玉 でも、緊張して一瞬の出来事だったから、あまり記憶になくて…(笑)
歌詞の内容が私と似ていて…
続いて4thから6thの振り返り。なかでも『控えめI love you !』は兒玉が初センターを務めた楽曲。当時の心境を思い出すところから話が展開されました。
 坂本 4枚目は、はるっぴさんが初センターの曲ですね。振り付けをしてくださったのが、KABA.ちゃんさん。聞いたときはビックリしましたよ。
 松岡 テレビの歌番組でこの曲を初めて聞いたんですけど、王道アイドルらしい曲で、振りは本当にかわいかった!
 兒玉 歌詞が、内気な女の子をイメージしているから、私と似ているなって(笑)。センターになってうれしかったけど、周りの反応が少し怖かったかな。でも、ファンの方やメンバーを含めいろんな方におめでとうって言ってもらえて、頑張らなきゃって。10枚のシングル全部いい曲だけど、この曲の思い入れは、一番強いかも。
 坂本 私がシングルで一番好きなのは、5枚目の『12秒』なんです。切ない感じの歌詞なんですけど、キラキラした恋を描いていて、聴いているとキュンキュンしてくるんですよ。
 松岡 はなも、この曲大好き!
 兒玉 奈子の“よっ!”のコールも定番になってるからね。このときはさくちゃんとWセンターで、すごく心強かった。同期が隣にいるだけで安心できたかな。
 坂本 私の友達の中だと、『メロンジュース』の次に知っている人が多い曲が『12秒』なんですよ。メロディーも振り付けもかわいいし、本当に神曲だなって思います。
 松岡 ドラフト会議の本番前に控室にいた時、リハーサルでこの曲のメロディーが聞こえてきて、『本物だ!』って感激して。でも、グループに入ってから、振り付けが難しくて覚えるのは大変でした。
 坂本 振りでいえば、6枚目の『しぇからしか!』のインパクトは強いですよね
 松岡 この曲は覚えやすかったです。
 兒玉 この曲の思い出は、ミュージックビデオの撮影。ドラマの撮影と一緒で、お芝居が初めてのメンバーが多かったから、苦戦していたなって思い出します。途中で大雨も降ってきたりで…。
 松岡 そうなんですね。あと、福岡出身じゃないから、『しぇからしか』って何って思いました。
 坂本 おじいちゃんとか、おばあちゃんは使うかもしれないけど、私たちの年代だとなかなか使いませんよね。
 兒玉 使わないね。
 松岡 でも、この間、学校で「しぇからしい」って使ってる子いたんですよ。私がイジられてるのかなって思ったけど、結構使っているみたいで。
兒玉坂本へぇ〜、そうなんだ!
フルバージョンはみんなヘトヘトに!?
ここからは、7thから9thの3枚について話してもらうことに。最初に、初選抜となった7thの『74億分の1の君へ』について松岡(は)に、当時の様子を聞くと…。
 松岡 ミュージックビデオの撮影が初めてだったの不安でいっぱいでした。しかも富士山の麓という野外。3月初めくらいの撮影だったんですけど、寒くて…。
 兒玉 確かに、寒かったね。
 松岡 でも、すごく楽しかったです。エキストラの方にもたくさん来てもらって。
 兒玉 実際のプロポーズするシーンを間近で見て、メンバーみんながキュンキュンして!
 坂本 白いドレスのような衣装がかわいい。48グループの中でもウエディングソングはあまりないので、歌わせてもらえるのはうれしいですよね。
 兒玉 この次が、はなちゃんの初センター曲『最高かよ』か。
 松岡 ファンの方もこの曲が好きって言ってくださいますし、他の48グループのメンバーからもいい曲だねって言ってもらえるので、センターやらせていただいて、本当にうれしく思います。私の中で一番好きなシングルです。
 坂本 歌詞にファンの方のコールが入っているじゃないですか。それを歌うのがすごく新鮮で、楽しいなって。
 松岡 盛り上がる曲ですけど、疲れますよね。フルバージョンやるとみんなヘトヘトになってますよね。
 兒玉 息切れが激しくなる。
 坂本 9枚目の『バグっていいじゃん』は、さっしーさんが初センターで、選抜メンバーの入れ替わりも多かったですよね。
 松岡 アニメの主題歌にもなっているから、覚えやすいのが特徴ですね。
 坂本 いとこがアニメを見ていて、この曲を覚えてくれたことはうれしかった。
 兒玉 “なんとかなるじゃん”とか“助けてもらおうじゃん”とか、歌詞を聴いていて私もすごく元気もらったな。
坂本松岡そうなんですね!

戻る